遺伝子の突然変異により、さまざまな特殊能力が覚醒してしまったミュータントの苦闘を描くSFアクションシリーズ『X-MEN』。その最新作『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』の公開を目前に控え、同作の人気キャラクターの1人であるセクシーミュータント”ミスティーク”にグラビアアイドルの原幹恵が変身! そのお披露目イベントが5月31日にClub DIANAで行われた。

ミスティークは自在に変化する青い素肌で、どんな外見の人物にも瞬時に変身できる特殊能力の持ち主。原はこの日、ハリウッドでも活躍する特殊メイクアップアーティスト・江川悦子の手により、3時間をかけミュータント姿に変身。ミスティークならぬ“ミキティーク”として会場に姿を現した。

特殊メイクは素肌に直に塗っているところもあれば、ボディースーツを着用している部分もあるそうで、司会の男性コメディアン2人が「大事なところ(胸)は直に塗っているんですか?」と興味津々で尋ねると、原は「直のような直じゃないようなって感じ。ご想像にお任せします」とはぐらかしていた。

また、ミスティークは青い肌をコンプレックスに感じていたという設定。ミスティーク同様、コンプレックスはあるかと聞かれた原は、「胸が小学校3年生くらいから大きくなり始めたが、まわりの女の子は大きくなっていない状態。それが嫌で嫌で、コンプレックスに感じていた。グラビアを始めた当初も、ビキニなんて着たことがなかったし、撮影中にガウンを脱ぐのも嫌だった」と告白。今では原の代名詞となっている「巨乳」をコンプレックスと感じていたことを明かしていた。

その後、囲み取材が行われ、誰に変身したいかと問われた原は、元サッカー日本代表の武田修宏の名を挙げた。その理由を聞かれると「番組で誰かに告白するコーナーがあった。(武田は)告白してフラれても全然動じないし、どんな人にも声をかけられる。武田さんになって肉食男子になってみたい」と理由を語っていた。

『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』は6月11日よりTOHOシネマズ スカラ座ほかにて全国公開となる。

【関連記事】
■セクシーミュータントに変身した原幹恵、昔は大きな胸がコンプレックスだった!

セクシーミュータントに変身した原幹恵、昔は大きな胸がコンプレックスだった!

#原幹恵#XMEN#特殊メイク#ミスティーク