切なくて、会いたくて……七夕になぞらえた恋物語で共演

峯田和伸があえて無視した古舘佑太郎からのメール

銀杏BOYZのボーカルで役者としても活躍している峯田和伸が、連続テレビ小説『ひよっこ』などを手掛けた脚本家・岡田惠和と共に紡いだ物語を映像化した映画『いちごの唄』。7月5日より全国公開を迎える本作でW主演を務めた古舘佑太郎と石橋静河にインタビューを行い、ハプニングもあった撮影の舞台裏、芝居の楽しさを知ったときのことなどについて語ってもらった。

──本作は、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』に出演されていた峯田和伸さん、そして同作の脚本を手掛けていた岡田惠和さんによる物語を映像化したものですね。たいへん魅力的な組み合わせだと思うのですが、出演オファーを受けた際の心境はいかがでしたか?
古舘:まず最初に、大好きなお二人だからこそ、その世界も好きだからこそ、ちょっと大げさに言うとプレッシャーじゃないですけど、自分が体現できるのかという思いがありました。でも、とてもうれしいという気持ちは、もちろんあったんです。音楽から派生する映画では、ミュージシャンを題材にした作品はありますけど、楽曲の世界観を描く作品って、なかなか聞いたことがなかったので、どんな風になるんだろうという不安も入り混じっていましたね。
石橋:最初に脚本を読んでから、岡田さん、監督、プロデューサーの方にお会いして、色々なお話をしたんですけど、まず脚本が本当に面白くて。純粋にこの作品をやりたいなと思ったし……
(インタビュー本文・写真はこちら)

【関連動画】
・映画『いちごの唄』予告編

・銀杏BOYZ書き下ろし主題歌「いちごの唄」にのせて青春が動き出す/映画『いちごの唄』特別映像

・パンクな岸井ゆきのが頼りない恋愛体質の主人公を喝!/映画『いちごの唄』本編映像