4日に新型コロナウイルスに感染したことを発表した俳優の武田真治(48)の妻で、武田の濃厚接触者とされていたモデルの静まなみ(26)が、自身も陽性と診断されたことを5日、所属事務所のホームページ(HP)で発表した。
HPでは「新型コロナウイルスに感染されました、夫である武田真治さんの濃厚接触者に該当し、その後PCR検査をしたところ、陽性であることが確認されました」と報告。「今後につきましては、医療機関、保健所のご指導により、療養及び経過観察いたします」とした。所属事務所によると静は自宅で療養しているという。
武田は昨年大みそかに発熱し、自宅で療養をしていたが、今月2日になっても症状が続いたため抗原検査を受けたところ、陽性が発表されていた。15日に開幕するミュージカル「パレード」に武田とともに出演を予定している俳優の石丸幹二(55)も4日に感染を公表している。