女優宮崎あおい(33)がこのほど、都内で、出演するTBS系新春ドラマ「あしたの家族」(来年1月放送)の制作発表に瑛太、松坂慶子、松重豊と出席した。 父の元部下で、今は父の上司となった男性と婚約した娘と家族を描く。宮崎は同作を通じ「もちろん自分の家族は大事ですが、仕事の現場で1つの作品を作る中で、キャスト、スタッフと1つの大きな家族になると思った。今までは仲間という感覚だった。今回、みんなは自分にとっての家族だと思った。この大きな家族というくくりを渡り歩きながらコツコツ(仕事を)続けていけたらいい」と語った。 瑛太は「石井ふく子プロデューサーにキャスティングされ俳優をやってきて幸せ」。松坂は「松重さんがおんぶしてくれるシーンが心配で減量してみた」。刑事役が多い松重は「ど正面なホームドラマに出ることができ役者冥利(みょうり)につきる」とした。