“モデルでタレントの“めるる”こと生見愛瑠が、24日放送のトークバラエティ番組『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に初出演を果たした。同番組は若手の芸人や新人アイドル、モデルの登竜門的存在で、ここで注目されると他のバラエテイ番組にも次々と起用されることが多い。この日の放送では、生見のトークがツイッター上で大いに話題となっていた。 現在タレントとして大活躍している藤田ニコルや池田美優は、女性ファッション誌『Popteen』の人気モデルだった。生見愛瑠は現役の『Popteen』専属モデルで、インスタグラムでは30万6千人のフォロワーを持つ。同年代の女性から圧倒的な支持を得ており、最近はテレビ番組への出演も増えてきた。そしてついに『踊る!さんま御殿!!』に初出演することになり、23日の『生見愛瑠☆めるる☆(meruru20020306)ツイッター』で「とっても憧れだった大好きな番組、嬉しいです」と喜びをあらわにしていた。 「世代間トークバトル」というテーマで女性の若手代表として向井地美音(AKB48)、モデルのねお、そし生見愛瑠が後列に並んで座っていたが、3人の中ではユニークな発言が目立った生見のトークが紹介されることが多かった。「小さい“つ”(促音)は可愛くない!」「人がせかせか馬みたいに集まるから、“野次馬”というのかと」「大根おろしはピンクだったら食べる、白はダサい」「秋刀魚とかも超ダサい、さんまさんはちょいダサ」と早口で捲し立て、司会の明石家さんまやゲストのヒロミ、羽鳥慎一らオジサン世代を翻弄させたのだ。 生見のツイッターには、同番組の感想が続々と寄せられている。「めるるのトーク力すご!! 沢山映って嬉しいな~」「おとぅかれさま!! 見たよ、元気いっぱいもらえた!」「さんま御殿見て気に入りました。頑張ってください」「拝見しました。爪痕残せましたね」と好意的な意見がある一方で、「出るなとは言わんがせめて一般常識身につけてからテレビに出るべきでは?」「私も同じ世代ですが全然共感できないし、大根おろしが白いからダサいとか何言ってんの?って感じ」「本当にうるさい声でかい」「若者のレベル下げんのやめて欲しいわ~」とかなり厳しいコメントも見受けられる。「#さんま御殿」が付いたツイートでも彼女のトークについて賛否が分かれているが、視聴者に強烈な印象を与えたことは間違いないようだ。デルの生見愛瑠(ぬくみ・める)が24日に放送された『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ)に出演した。 生見は自らに話を振られると「“めるる”って呼んで下さい!」と自己紹介に続き、「この間、撮影が普段より早く終わったので、“イチキタ”してから撮影行きますねって言ったんですよ。そしたらスタッフさん全員から“ん?”って言われて…“え?イチキタって使わないですか?”ってなったんです。」と言うと、スタジオからは「”イチキタ”?」と疑問の声が。 “イチキタ”とは“一旦帰宅する”ことを指す若者言葉とのこと。「”イッキタ”の方がいいんじゃない?」と言うツッコミに対して「小さい“っ”が入ると可愛くないんです。」と生見ならではの独特の返しでスタジオを笑わせた。 その後も生見は“ぴえん”(残念な感情の時に使う言葉)などの今女子高校生たちの間で流行している言葉や、タピオカが好きすぎて1日に1回は必ずタピオカを飲むなどのエピソードを披露し、現役女子高校生としての等身大の言い回しやリアクションにスタジオからはツッコミと笑いが終始溢れた。 生見の本番組出演にSNSでは「沢山活躍してて嬉しかったぁぁ」「面白かった!かわいすぎ??」「可愛すぎた!写真撮りまくった!だいとぅき」など、生見をテレビで見れたことへの喜びの感想など多くのコメントが寄せられた。 また現在、LINEのスタンプショップにて生見の『生見愛瑠の”はっぴーす”スタンプ』が発売開始されている。女子中高生たちのカリスマ的存在のめるるスタンプも要チェックだ。”