女優の橋本環奈さん(21)が2020年7月12日夜に行ったツイートがネット上で話題だ。
橋本環奈さん(2020年撮影)
「橋本環奈笑い声うるさいな」と自虐
と、自らへのツッコミをツイートした橋本さん。このツイートが行われた時間帯には、橋本さんが出演する「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)が放送されており、番組中ではたびたび、橋本さんの「ガハハハ!」「フハハハ!」といった高らかな笑い声がスタジオ内にこだましていたのだ。
このツイートに対しては、「あなたはそのままでいいんですよ!」といった、あるがままが良いとするリプライが続々。「いやいや!! 笑い声聴こえると元気になります」と、その笑い方が魅力なのだとする絶賛も寄せられているが、併せて、「かんなのぱおん頂きました!!!!」と、橋本さんがツイートの第1文の文末に付けた「ぱおん」という表現を喜ぶ声も寄せられている。
「ぱおん」とは、近年、若年層を中心に広がっている表現であり、「悲しみ」を表わす言葉とされている。同義の言葉として挙げられるのが「ぴえん」だが、「ぱおん」の方がより悲しみの度合いが強く、「ぴえん」の「上位互換」の単語として知られている。なお、6月30日には、マーケティング会社のAMFが選出した「JC・JK流行語大賞2020上半期」の「コトバ部門」の第5位に、「ぴえんこえてぱおん」というフレーズがランクインしたことが明らかになったほか、同ランキングを報じるニュースも配信されるなどした。
なお、橋本さんは5月14日にツイッターで、「会報誌ぞくぞくと届いてるみたいで嬉しいです 転売、、ぴえん」と、自身のファンクラブで初めて発行された会報を転売する動きが一部にあることを嘆くツイートを行い、「転売ヤー許すまじ」といった、転売を良しとしないファンからの絶賛が殺到していた。
ぱおん
ぴえん
ぴえんこえてぱおん
橋本環奈
行列のできる法律相談所 …