東京で9日、新たに一日の感染者数で過去最多となる224人の感染が確認されました。

 8日に2桁に戻った感染者数は一転、過去最多となってしまいました。9日に都内で確認された感染者は224人です。206人だった4月17日を超えて過去最多となりました。東京・新宿の飲食店もショックを隠し切れません。
 西新宿小町食堂・佐藤弘行店長:「(Q.感染者はご覧になった?)さっき見まして、非常に驚いています。過去最高ということで今後、どうなっていくのか。緊急事態宣言も出たら店の方も困るし」
 ただ、知事にとっては想定の範囲内だったようです。
 東京都・小池百合子知事:「検査を行った数がこれまで過去最高で3000件を超えているんです」
 都内全体で3000件を超える検査を行いました。まだ、詳しい内訳は分かっていませんが、「夜の街」の新宿関連が多数、含まれている可能性があります。
 9日に東京都はモニタリング会議を行いました。東京都が新たに設定した新規陽性者数などのモニタリング項目。先週と比較すると、5つが上回って3つが横ばいです。専門家は感染が拡大しつつあると統括しています。会議に出席した医師らも危機感を高めています。
 医師:「年齢層が上がってきているというところで、感染のリスクが上がっているといえる」
 医師「今、1000床体制なので間に合っているが大分、逼迫(ひっぱく)している状態だと思います」
 医療体制については1段階上げて「体制強化が必要であると思われる」になりました。ただ、小池都知事は従来と同じく検査数が増えていることを強調しています。また、重症者についても言及しました。
 東京都・小池百合子知事:「重症者が6人にとどまっていることは医療現場の皆さんのおかげでしょうし、高齢者のところには何とかとどまって感染が広がっていない証左だと思う」
 確かに、重症者数については4月の一番多い時で100人を超えていました。ただ、感染者数が増えたここ一週間でも徐々に減り、8日は6人でした。小池都知事は以前の状況とは違うということを繰り返しています。ただ、隣接する県は警戒を高めています。
 8日に10人の感染が確認された千葉県。ここ2週間の感染者を見ると、東京に隣接する松戸市など東葛地域の感染者が全体の8割を占め、さらに、都内と往来のある人が5割を占めています。
[テレ朝news]