【モデルプレス=2020/06/20】稲垣吾郎・香取慎吾・草なぎ剛による新しい地図と日本財団による基金「LOVE POCKET FUND」が、第3弾支援先を発表。あわせて、第1弾支援策にかかる全国各地への支援先67団体が決定した。第3弾の支援として、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う里親家庭内での感染予防、里親家庭で陽性患者が出た場合の感染拡大防止、並びに親が新型コロナウイルスで養育が困難となった子どもの受け入れ対応等を目的に、全国約7000箇所の里親家庭に衛生用品(消毒用アルコール、非接触型体温計、防護服等)の支援を行うことを決定。公益財団法人 全国里親会に、19,740,000円を支援する。◆第1弾 全国各地への支援先67団体決定第1弾支援策としては、新型コロナウイルスの影響によって給食など栄養のある食事を十分に接種する機会がなくなった生活に困っている世帯の子どもたちを中心に、全国各地域の子どもの居場所の運営団体が弁当や食材を提供、また、食事の配布・配達時に各種生活支援策の情報提供や、特に配慮が必要な世帯に対して相談等の個別支援を行うことしている。この度、全国でコロナ対策緊急食支援を行う団体から116件の申し込みがあり、審査会で厳正に審査したうえで、採択団体67団体が決定。助成対象期間は9月30日までとし、新型コロナウイルスの影響が深刻な5月の活動も対象としている。なお、同事業により、約53,400人が支援を受けることができる。◆全国の子どもたちに支援すでに支援が届きはじめている中、各世帯からは「収入が減り(無職になり)困っている」「子どもの休校措置により、食費がかさむ」「妊娠のため、子どもの命を守るためにも仕事をやめざるをえなかった」といった、新型コロナの影響と考えられる不安、悩みに加え、「持病があり、買い物や料理をつくることも難しい」、「車がないので買い物も行きづらい」などの声があがっていることが判明。従来からの困難さがより深刻になっている家庭も少なくないという状況を受けて、食材・弁当の配布や家への配達を行う『Aコース:「今日をしのぐ」活動助成』、食支援に加えて相談活動や地域と連携した事業を行う『Bコース:「明日をひらく」活動助成』の2つのコースを通じて、全国の子どもたちに支援を届けることとなった。◆支援基金総額は266,970,329円そして、支援策第2 …