山口百恵のラストソングです。歌い終わってマイクを静かに置く姿が記憶に残っています。宇崎竜童・阿木燿子のゴールデンコンビによる作品です。