久保がチャンスを多数演出も… マジョルカ、VARに泣きセビージャに2失点敗戦
リーガ・エスパニョーラ第18節が21日に行われ、FW久保建英が所属するマジョルカとセビージャが対戦した。久保は7試合連続でスタメン入りし、主に右サイドMFとしてプレー。フル出場を果たした。
3分、早速久保が決定機を演出する。ババからのロングパスを足下に収めると、寄せてきた相手DFを縦へのドリブルでかわし右足でグラウンダークロスを供給。しかし、詰めたラゴ・ジュニオールのシュートは枠の上へと大きく外れてしまった。

 20分、アウェイのセビージャがセットプレーで先制する。左サイドのコーナーキックからエベル・バネガがインスイングのボールを上げると、ジエゴ・カルロスが飛び出してきたGKの前に入り込み頭で合わせた。

 1点を追うマジョルカは43分にネットを揺らすも、VAR(ビデオ審判)の介入によってゴールを取り消される。ルーマー・アグベニューのクロスをラゴ・ジュニオールが足裏でコースを変え、最後はアンテ・ブディミルが押し込んだが、ラゴ・ジュニオールがプレーに関与したタイミングにおけるブディミルのポジションがオフサイドと判定された。

 すると60分、マジョルカのペナルティエリア内でババがジョアン・ジョルダンの足を踏んでしまい、主審がピッチサイドのモニターでリプレイを確認してセビージャのPKを指示。キッカーを務めたバネガが強烈な一撃を真ん中に突き刺し、セビージャはリードを広げた。

 68分、中央に流れていた久保が再び決定機を生み出す。スルーパスに反応してDFラインの背後を取った久保は、エリアの左側の角まで運び左足でグラウンダーパスを折り返したが、中央の味方にボールは合わず。相手DFに間一髪でクリアされた。

 久保は86分にもチャンスメイク。中央に入って相手を引きつけると、右サイドに生まれたスペースへ走り込んだフラン・ガメスへパス。F・ガメスはゴール左下隅を狙ってシュートを放ったが、惜しくも枠の外へと逸れてしまった。

 試合はこのまま終了。マジョルカはリーグ戦直近5試合未勝利となり、セビージャはリーグ戦3試合ぶりの勝利を飾った。次節は2週間のウィンターブレイク後に行われ、マジョルカはアウェイでグラナダと、セビージャはホームでアスレティック・ビルバオとそれぞれ対戦する。

久保建英がアシスト未遂。マジョルカ、チャンス生かせずセビージャに0-2敗戦

 リーガエスパニョーラ第18節、マジョルカ対セビージャの試合が現地時間21日に行われた。マジョルカが0-2の敗戦を喫している。

 マジョルカに所属する久保建英は7戦連続の先発出場を果たした。試合開始して3分、左サイドで久保が仕掛けてクロスをあげると、ゴール前で待ち構えていたラゴ・ジュニオールがシュートを放つ。決定的なシーンだったがシュートはゴール上に外れた。

 対するセビージャも17分、カウンターからルーカス・オカンポスがシュートを放つが、GKマノロ・レイナのファインセーブによってゴールならず。それでも21分、コーナーキックからディエゴ・カルロスがヘディングシュートを決めてセビージャに先制点が入る。

 43分、今度はルモール・アグベニューのクロスにアンテ・ブディミールが合わせてゴールネットを揺らす。だが、直前でオフサイドポジションのラゴ・ジュニオールが触っていたとしてVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)判定によりノーゴールに。

 64分にはイドリス・ババがペナルティエリア内でファールを犯したことでセビージャにPKのチャンスが与えられる。このPKをエベル・バネガが決めてセビージャに追加点が入った。

 68分には久保の折り返しからチャンスになりかけるも、フラン・ゴメスが上手く合わせること出来ず。ゴールを奪えなかったマジョルカは0-2の敗戦を喫している。

#久保建英 #Kubo #TakefusaKubo