2019年12月18日水曜日
聖火ランナー最高齢誤り、91歳は66歳 | Beautiful Money
埼玉県は17日に発表した2020年東京五輪の聖火ランナーのうち、県内最高齢の91歳としていた女性が実際は66歳だったと18日明らかにした。女性は昭和28年生まれだが、応募の際に代理で電子申請した夫が「1928年」と誤入力したのが原因。「ご迷惑をお掛けして申し訳ない」と辞退の意向を示しているという。 県によると、選定の際、自己PRの内容のほか年齢も考慮。内定後、本人にメールで連絡したが、生年月日の確認はせず申請通りに発表した。女性を91歳と表記している18日の新聞を見て、不審に思った夫が県に連絡し、入力ミスが判明した。
#Beautiful_Money