Tag

静岡県

Browsing
緊急事態宣言後初めての週末 県内の人の動きは

<新城アナウンサー>「緊急事態宣言が全国に拡大して初めて迎えた週末、静岡の街なかはほとんど人影がありません。」  静岡市中心部の商店街は商業施設が休業していることもあり、土曜日、日曜日とも人通りがまばらでした。 <街の人>「前と比べたらだいぶ少ない、半分以下。ここは我慢するところじゃないかな。」「飲食店でバイトしているが、午後がなくなって午前中だけ。」…

緊急事態宣言で静岡市の街は閑散

政府が緊急事態宣言の対象を静岡県を含む全国に拡大してから初めての週末を迎えました。県内でも外出の自粛が呼びかけられていて、静岡市の街中は閑散としています。 <井端記者>「午後2時の呉服町通りです。天気が悪かったこともあり、普段の週末と比べて人が少ないように感じます。」  多くの買い物客や家族連れでにぎわう静岡市の商店街も4月18日は人通りがまばらになっていました。…

静岡県に緊急事態宣言へ 今夜にも正式決定

政府は緊急事態宣言の対象地域を静岡県を含む全国に拡大する方針です。16日夜、国会に報告し正式に決定します。静岡県が対象になるとどのようなことが想定されるのでしょうか。  特別措置法に基づく「緊急事態宣言」はこれまでの7都府県から全国の都道府県に拡大される方針です。政府としては月末に大型連休が控えていることから、国民に改めて注意喚起を促すことなどを念頭に、16日にも手続きに入ることにしています。  西村康稔経済再生相「大型連休期間中の人の移動を最小化することが急務。安倍首相は全都道府県を5月6日までの間、緊急事態宣言措置を実施すべき区域の対象とすべく(現在の)緊急事態宣言措置の対象区域を変更する公示をする」…

静岡赤十字病院の女性医師 新型コロナに感染

静岡市の静岡赤十字病院に勤務する女性医師が、新型コロナウイルスに感染したことが4月1日、わかりました。発熱などの症状はありませんが、体の中にウイルスがいるということです。   感染がわかったのは、静岡赤十字病院で働く20代の女性医師です。3月31日、病院で行われた新たに採用する医師向けの簡易検査で、この医師に新型コロナウイルスへの感染の疑いがあったため、PCR検査をしたところ、4月1日「陽性」と確認されました。女性医師は3月24日、東京で食事をしていて次の日からあわせて4日間、静岡赤十字病院の救急で診療をしていました。診療中は、常にマスクをしていたということです。市によりますと、女性医師は「無症候性病原体保有者」といわれる発熱などの症状がない状態のため、濃厚接触者はいないとしています。  (Q、無症候性病原体保有者は、感染のリスクはないのかあるのか?)加治正行保健所長「(感染の)リスクはゼロとは言えないですが、何%かという数字はない。まだ新しいウイルスで、データが少ないので数字では言えないが感染リスクはゼロではない」…

袋井訪れた男性 新型コロナ感染 県内2例目

袋井市を訪れていた神奈川県に住む50代の男性が新型コロナウイルスに感染していることが3月10日分かりました。県内で、感染が確認されたのは2人目です。  県医療健康局 鈴木宏幸局長の会見「県内から新型コロナウイルスの感染症患者の発生が確認されました」  県によりますと3月7日から袋井市を訪れていた神奈川県の50代の男性が発熱や呼吸困難の症状があり、9日、救急車で運ばれ県西部の病院に入院しました。10日に実施した検査で県内で2例目となる新型コロナウイルスの感染が確認されました。男性は肺炎の症状がみられ、会話が困難な状況で、酸素の投与を受けているということです。県によりますと男性は2月26日、神奈川県内で発熱や咳、嘔吐の症状がありました。…

新型コロナ 病院に行く前に電話相談を

3連休で多くの人が外出する中、新型コロナウイルスに感染した疑いがある場合に病院に行く前に電話相談する「帰国者・接触者相談センター」が県内の各保健所に開設されています。  帰国者・接触者相談センターは県内9つの保健所に設置されています。新型コロナウイルス感染症の疑いがある人を専門の外来に確実につなげるため医療機関を受診すべきかなどの相談を受け付けます。各地の保健所の連絡先はご覧のとおりです。静岡市、浜松市の保健所はそれぞれ24時間一つの番号で。このほかの7つの保健所は、平日の午前8時半から午後5時15分の時間帯、そして、土曜・日曜・祝日を含むそれ以外の時間帯はこちらの番号になっています。風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続いている、強いだるさ、息苦しさなど呼吸器症状がある人は「病院を受診する前」にこちらのセンターに相談をしてください。また、「高齢者」「基礎疾患などがある人」でこうした症状が2日程度続く場合は、ためらわず相談してください。

新型コロナ 感染拡大で・・・週末 県内の観光地は

新型コロナウイルスへの感染が国内でさらに広がる恐れがあるとして、政府の専門家会議は2月16日「不要不急の集まりを避けてもらいたい」と呼びかけました。県内の経済にも影響が出始めていて、週末の観光地でも心配する声が聞かれました。  記者「週末の熱海駅前です。若干マスク姿が見受けられるもののいつも通りの熱海駅です」  観光客「女子旅。温泉行って酒飲む」「東京の方が人が多いから(熱海は)大丈夫」「若かったら死なないと聞いているからあまり気にしていない」…