東京都は7日午後から、新型コロナウイルスに感染した人のうち症状のない人や軽症の入院患者をホテルに移し始めます。

 都内の病院では感染が確認される人が急増したため、病院のベッド数が逼迫(ひっぱく)しています。このため、都は重症患者らの入院先を優先的に確保するため、午後から症状のない人や軽症の患者をホテルに移し始めます。都が1棟借り上げた東京・中央区のホテルは最大100人ほどが入る予定です。ホテルに常駐する看護師らは患者との接触を避けるため、電話で健康状態の確認をするほか、弁当の受け渡しは館内放送で案内し、1階に患者本人が取りに行く形を取ります。都が災害派遣要請をした自衛隊員は都の職員らのサポートにあたります。
[テレ朝news]