相武紗季が、1月13日からスタートする常盤貴子主演の日曜劇場『グッドワイフ』(TBS系、毎週日曜21:00~)に出演することがわかった。相武が演じるのは、優秀な新聞記者の遠山亜紀役。唐沢寿明演じる主人公の夫・蓮見壮一郎と関係を持ち、スキャンダルを引き起こすという役どころだ。本作は、リドリー・スコットが製作総指揮を務め、2009年から7年間アメリカで放送された『The Good Wife』を原作としたリーガルドラマ。常盤演じる主人公の蓮見杏子は、結婚後16年間、専業主婦として家庭を守ってきたが、ある日突然、東京地検特捜部長の夫・壮一郎が汚職疑惑で逮捕され、さらに女性スキャンダルも発覚。杏子は子どもたちを守るために弁護士に復職することを決意する。これまで、主演の常盤や唐沢をはじめ、レギュラーキャストの小泉孝太郎、水原希子、北村匠海、滝藤賢一、賀来千香子、吉田鋼太郎、博多華丸、ゲストキャストの武田鉄矢、橋爪功などの出演が発表されてきた本作。今回、物語のキーパーソンとなる壮一郎の女性スキャンダルの相手役として、相武の出演が決定した。相武演じる亜紀は、優秀な新聞記者で、壮一郎と情報提供を通じて信頼関係を築いていたが、ある日、一線を越えてしまう。そのことがマスコミに知られ、大きなスキャンダルに発展。杏子と壮一郎の夫婦の絆を壊し、壮一郎を窮地に追い込むきっかけを作ってしまう。物語の根幹となる壮一郎の女性スキャンダルを引き起こす重要な役どころだけに、彼女の存在がその後の人間関係にどう影響していくのか気になるところ。相武自身も、「登場人物の誰もがそれぞれの思惑をもっているので、亜紀がそこにどう絡んでいくのか、観る人の気持ちをザワつかせ、楽しんでいただけるように演じたいと思います」と意気込みを語っている。