★チャンネル登録:https://goo.gl/U4Waal

 歌手の西川貴教(50)が20日、都内で行われた和太鼓集団・DRUM TAOが出演する『MANGEKYO PROJECT 2021』の新作『W-1』記者会見に出席した。

 イベント終了後の囲み取材では、コロナ禍でのエンターテインメント業界にも触れ「厳しい状況ですが、感染対策をしっかりしながら、僕らができることでひとりでも多くの方に笑顔になっていただけるように」と力説。過去のいじめ問題で批判を集めていたミュージシャンの小山田圭吾(52)が、東京2020オリンピック・パラリンピック大会開会式の音楽担当を辞任したことについては「他人様のことをどうのこうの言える立場でございませんし、本当になんとか無事に大会自体が終わることだけを望んでおります」と述べるにとどめた。

【関連動画】
西川貴教、“肉体美”見せつけ熱唱!プロ絶賛の和太鼓演奏も披露 DRUM TAOと「Judgement」圧巻パフォーマンス

西川貴教、ハリウッドザコシショウにビルダーポーズを伝授! 映画『モータルコンバット』公開直前イベント

#西川貴教