速報、拡散希望! これは、本気で感染拡大を止めないと国が滅びるほどの事態に至るウイルスだ。
正しい知識を持って、感染拡大を食い止めるように、国民が一つにならないと、本当に危険なパンデミックですよ!。そして、さらに感染は拡大する。特に、病院内かんせんで、医療崩壊、行政、国会崩壊に進むと思う。

敗血症による多臓器不全が、#新型コロナウイルス の作用機序である点を抑えるべし!

私もそう思う。#新型コロナウイルス の蔓延は、人間の仕業であるが、同時に、艱難期の始まり。

悔い改めない人々は、救われない!イナゴの大軍が、中国に発生。

まさに、聖書の予言のとおり、この疫病は、中国と日本、アメリカの政治体制をひっくり返す事態になるだろうと推察する。

日本の国会が激震!!!
歴史に責任を持たない人は、救いの道に導かれない。そのとき、神が、よしとした者とそうでない者との違いが明白にされるだろう!

敗血症から多臓器不全に至る感染症の予防措置を積極的にとること。それが、国家の責任者の役割。

マイクロバイオームとスーパーバグ、薬剤耐性菌を生み出している機構、メカニズムに着眼すべし。
やはり、ポールシフトの中で、経度の中国と中東に、自然発生のウイルスが誕生しているのかもしれない。
2019.5.29 マイクロバイオーム研究者たちが中国北部で未知のウイルスを発見!

⭕️バンキシャ!の高橋央医師の発言は衝撃的だった
①現在、全国で新型コロナウイルスに数千人単位で感染していると思う。
②SARSに比べて封じ込めに時間がかかる。終息には1年から2年かかるだろう。
③オリンピックには世界中から沢山の人が訪れる。平和の祭典が大規模感染の舞台になる恐れがある

感染症の専門家の意見!私もそう思う!

【速報】#バンキシャ WHOコンサルタントとして2003年フィリピンでのSARS封じ込めチームリーダーとなり活動した高橋央医師「医療機関が麻痺するのは時間の問題」「#東京オリンピック中止 すべき」と発言
ーーーーー
意図的ではなく、人工合成したウイルスが漏れた可能性が一番高い。以前からヨーロッパの専門家が中国武漢の施設体制を見て、指摘していたとのことです。

石平:「今、武漢では熱が出ても病院に行かない。もし風邪なのに病院に行ったら新型肺炎をうつされて死んでしまう。武漢では病院のことを『入ったら出ることは出来ない』という話になっている。

武漢の人達は自分が発熱したら二つの可能性があると思っている。一つは普通の風邪。もう一つは新型肺炎。もし新型肺炎だったら死ぬ。しかしただの風邪だったら生きる。生きる可能性は五分五分だから自宅にいる。武漢の人は熱が出たら家で運命を待つしかない。

しかしシナ政府がそれでは根絶できないからといって、一軒一軒の家に住む人が拒否しても強制的に入って全員の熱を測り、ちょっとでも熱があったら強制連行されて、そのまま帰ってこない。武漢市民はそういう恐怖の中で生きている。

武漢にある人民解放軍海軍工程大学の通知書には、2020年1月2日に外部の人を入れることを拒否し、外出を控えるように通達した。

⭕厚労省 0120-565-653 各都道府県の相談窓口へ
長引く風邪や熱、肺炎、医療機関にかかる前に、まず相談を入れて欲しいとの政府広報! 
高齢者などが優先。状況を的確に判断して仕分けする模様!

⭕完治した後でも一月ほど、感染させるとの情報あり。

①サイトカインの免疫暴走を押さえるのは、フコイダン

(ステロイドは効かなかったとの武漢からの報告。有害)

②NK細胞を活性化するには、血流の流れを作る硫黄化合物のニンニクを食べる。

③リンパの流れを促進する腕振り体操と整体、

④メラトニン分泌のために、朝日サンゲイジング。睡眠を長くとる。暗闇で熟睡することによつて、
  体内のサイトカインの暴走を押さえるメラトニンが機能する。
ーー
北海道感染経路不明が不気味。千葉や愛知、沖縄も。
北海道の一例目の感染者は、道内では1月に中国湖北省武漢市在住の40代女性旅行者の感染確認。
この患者は、旭川市立病院に入院していたらしい。
その感染者からの広がりを隠すため、国籍を隠したとしたら、病院内感染の可能性も否定できない。

地方自治体まで公表すると、個人が特定される恐れがあるから公表しないんですって。

鈴木直道知事は17日、臨時記者会見を開き、道民で初めてコロナウイルスに感染した50代男性について、石狩管内在住の自営業者だと発表した。居住地域などを非公表にしたことが批判を浴び、見直した。家族を含む濃厚接触者は現時点で43人。うち感染が疑われる16人のウイルス検査をした結果、全員陰性という。男性に基礎疾患はなく、発症前2週間に海外にも道外にも行っておらず、道は感染経路などを調べている。

 道によると、男性は1月31日に発熱し、今月3日に医療機関を受診。

◆この医療機関とは、北海道大学か旭川市立病院と言うことは、病院で感染した可能性◆

その後、肺炎が確認され、14日に感染が判明した。現在は石狩管内の感染症指定医療機関で人工呼吸器を使った治療を受けている。

容体は重篤だが、意識はあるという。
ーーーーー

道は14日、道内在住の50代の男性が新型コロナウイルスに感染し、重篤な肺炎を発症したと発表した。道内では1月に中国湖北省武漢市在住の40代女性旅行者の感染確認以来2例目で、道内在住者としては初。男性は発症前14日間の海外渡航歴はなかった。感染が確認された男性は12日から道内の病院の集中治療室(ICU)に入っている。

 道によると、男性は1月31日に発熱とせきなどがあり、2月3日に1カ所目の医療機関を受診した。4日に再受診した際にエックス線検査で肺炎が確認された。別の医療機関で抗菌薬治療を始めたものの症状が改善せず、11日に3カ所目の医療機関に入院し両肺に肺炎を確認。12日からは集中治療室(ICU)で人工呼吸器を使った治療を行っている。
ーーーーー

●つまり、COVID-19が侵入する細胞組織は、肺、小腸、リンパ球(CD4ペルパーT細胞)

●重症患者の85%にリンパ球減少症が見られ、最悪の場合、免疫不全→多臓器不全で亡くなる。

●肺炎が重症化すると呼吸困難で亡くなる。

●サイトカインストームを引き起こしやすい性質を持ち、若い死亡者の死因は、サイトカインストーム(免疫の暴走)によるものと思われる。

●治療薬としてHIVウイルス/エイズ治療薬が効果があったという件、この治療薬は、ウイルスの体内での感染拡大を抑える阻害薬で、ウイルスを消滅させる薬ではありません。

HIVと同じCD4ペルパーT細胞に感染する点でHIVウイルス/エイズ治療薬が阻害薬としての効果があったのだと思われる。

●昨日のニュースで回復した患者の血液には抗体があり、その血液を輸血すると重要患者の症状が回復したという情報があります。

一方で、回復した患者の抗体は長続きせず2度目の感染、発症の危険があるとの情報もあります。自然突然変異率が高いのでゲノム配列が変異すれば以前の抗体が免疫にならないという事でしょうか?

これはワクチンが開発できたとしてもその有効期間が短いという事でもあります。
ーーーー
Q8. 敗血症の予防は?

敗血症は感染症を契機に発症しますから、感染症の予防が敗血症の予防につながります。

感染症Q&Aの「どうすれば、感染を予防できますか?」も参考にしてください。

主な敗血症の予防方法を3 つあげます。

②衛生を保つ

傷口をしっかり洗う、普段から手洗いやうがいをするなど、衛生手技をしっかり行うことで感染性微生物の増殖や体内への侵入を防ぐことができます。

③初期に対応する

時間とともに敗血症は進行します。早期に気づくことで、それ以上の悪化を防ぐきっかけとなります。もし重症感染症だと感じたなら、敗血症の症状(悪寒とふるえ、身体の疼痛や不快感、冷たく湿潤した皮膚、意識低下、息切れ、頻脈など)がないか気をつけてください。