横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」で14日間の潜伏期間を経て新型コロナウイルスの検査で「陰性」と判明した乗船者が19日午前から船を下り始めました。

 (社会部・浦壁周平記者報告)
 午前11時すぎから、船を下りた乗客が2、3人ずつのグループになって次々と客船ターミナルへと向かって歩いて進んでいます。その際、船を下りた乗客が船に残った人に向かって何度も手を振り、船に残った乗客が手を振り返して下船する人々を見送るといった光景が見られました。朝の時点で船内には2800人前後が残っていて、19日は約500人が下船する予定です。検査が優先され、結果がすでに判明している高齢者が多くなる見通しです。乗客によりますと、乗客は色や番号でグループ分けされていて、アナウンスされたグループから順番に船を下りているということです。また、乗客は入国審査などを経て、用意されたバスやタクシーに乗って次々と埠頭(ふとう)を後にしています。厚生労働省は21日までに陰性の乗客の下船を終えるとしていますが、船内での待機中に感染者と濃厚接触した可能性のある人については船を下りることができません。今後も船の中での健康状態の観察が続けられることになります。
[テレ朝news]