💖 Please Subscribe:
✍   5月12日の「東スポWeb」が、嵐・櫻井翔と広瀬すずがW主演するドラマ「ネメシス」(日本テレビ系)の裏側を報じた。同ドラマは、映画化が予定されているものの、暗雲が垂れ込めているという。  「『ネメシス』は、初回視聴率11.4%でスタートしたものの、2話で9.5%の1ケタ台に。その後も1度も数字を上げることなく、9日放送の5話では7.8%にまで落ち込んでいます。今回の『東スポ』によれば、本作はドラマ終了後に映画へつながるという形を取っているそうですが、視聴率が大苦戦していることで、関係者から“映画の大コケ”を予想する声があがっているそう。そのため最悪の場合、撮り直しも検討しているのだとか」(テレビ誌記者)   そんな「ネメシス」の苦戦に、一部広瀬ファンの間では「大コケして黒歴史になったらどうしよう」といった心配の声も飛び交っている。だが、それ以上に今、注目を集めているのが彼女のバストに関する問題だという。  「5月12日発売のファッション誌『ar』の『私のカラダを好きになりたい』という特集に、広瀬が登場しています。その中で理想のバストについて聞かれると、広瀬は『洋服が似合う胸が好き。胸が立体的になるのはあまり好きじゃなくて』と答えているんです。広瀬といえば、『ネメシス』でボディラインの目立たないダボダボな衣装ばかり着ているため、一部視聴者から残念がる声があがっていました。そんな中で、バストアピールを避けるかのような発言を広瀬がしたため、ファンからは『「ネメシス」以外でも、バストラインの目立つ服が激減するのでは?』などと、心配する声があがっています」(前出・テレビ誌記者)   健康的なボディで多くのファンを魅了してきた広瀬。はたして今後、ラインのわかる服装が減ってしまうのだろうか。 …

💖 #アサヒ芸能