💖 Please Subscribe:
✍  欅坂46の菅井友香が主演する舞台「飛龍伝2020」の公開ゲネプロと会見が本日1月29日に東京・新国立劇場 中劇場で行われた。  「飛龍伝」は劇作家・つかこうへいの代表作の1つ。学生運動真っ只中の時代を舞台に、菅井は全共闘40万人を束ねる委員長となって機動隊との最終決戦を迎えるヒロイン・神林美智子を演じる。  過去に富田靖子、内田有紀、広末涼子といった面々が主演を務めてきた今作に自身が抜擢されたことについて、菅井は会見の冒頭「本当に信じられなくて。偉大なつかさんの『飛龍伝』という作品、しかも2020年、(没後)10年というタイミングで参加できることを誇りに思っています。つかさんが伝えたかったことを、舞台を通してお伝えできるようにがんばります」と思いを語る。  菅井のしっかりとしたコメントに「すごい。もう今ので十分でしょう!(笑)」と反応したのは山崎一平役の石田明(NON STYLE)。石田は菅井について「成長がすごい。最初はどうなることかと思ったんですよ。もう声がね、モスキート音みたいな感じで(笑)。でも今は飛行機通ったのかな?くらいの大きさ。感情も振れ幅がどんどん広くなっていて」とコメントした。同じく会見に同席した桂木純一郎役の味方良介も「多くを語るわけではないけど、自分がきちんとやることで周りに示している」と菅井の座長ぶりについて語り「アイドルではなく女優として舞台に立っている姿が見れてうれしいです。最初はね、石田さんも言っていたけど『舞台なめんなよ』という感じだったけど(笑)、今はみんな菅井ちゃんが大好きです」とその成長を絶賛した。  男性キャストばかりの「飛龍伝」の現場について聞かれると、菅井は「稽古場で普通に着替えられるから、どこを見ていいか……どうしようかと思いました」と照れ笑いしつつ「けど、それも慣れて。今は初日が始まってもいないのにお別れが寂しいくらい、絶大な信頼を置ける方たちに出会えてうれしいです」と返した。「欅坂46のファンが滑舌を心配しているが?」という問いかけには「直前までいっぱい練習しようと思っています(笑)。か行が苦手なんですけど、か行もいっぱいあるので……」と応じたが、石田と味方の「気付かなかった」というリアクションに「よかった。バレてなかったです」と安堵していた。  また、先日欅坂46から発表された平手友梨奈の脱退、織田奈 …
💖 #欅坂46, #飛龍伝2020, #NONSTYLE, #石田明