§ 令和二年一月十四日に東京都渋谷区にて日本国内向けに化粧品事業を行う資生堂(4911.T1)の子会社・資生堂ジャパン(代取:魚谷雅彦)が、『dプログラム新ミューズ就任発表会』を開催した。

新たにミューズに就任したのは、女優・広瀬すず。ヌーディなピンクのワンショルダー ドレスで登壇。イベントでは新CMとWeb動画を公開。すずによるトークも行われた。

dプログラムとは、資生堂の五十年を超える敏感肌の研究から誕生。その時代の先端テクノロジによって、大切な肌を守り育む。環境の変化や生活リズムによって、急な肌荒れを繰り返してしまう「ときどき敏感肌」に悩む事がない、一人ひとりが思い描く理想の肌をアシストするデリケート スキンプログラムだ。

九十九%の女性が実感する「ときどき敏感肌(平成二十七年九月dプログラム調べ)」。本ブランドが掲げる「ときどき敏感肌からなりたい肌へ」というメッセージは、環境の変化やリズムによって発生する急な肌荒れや様々な肌の悩みを抱える女性達の「肌を守る(defense)」だけでなく、「肌育む(develop)」事で、理想のなりたい肌に導くと説明。

ブランドが持つクリーンで前向きなイージを体現し、ライフ ステージの変化が大きいターゲットが自分自身を投影できる存在として、二十代を代表する女優の広瀬すずをミューズに起用した。今後、二十代、三十代へのアプローチを図る。

#広瀬すず #資生堂 #dプログラム

記事:社会部・岡本早百合
© Biz=Link(びずりん)、資生堂