英国由来の新型コロナ変異種ウイルス。静岡で市中感染が疑われる事例が確認され、さらなる感染拡大の懸念が広がっている。変異種の感染力は最大1・7倍と推定されているが、重症化リスクや死亡率は従来と同程度らしい。強毒化はしていないようなので、ついホッとしてしまいがちだが、安心してはいけない。死者数を左右するのは致死率より感染力――。英国の疫学者が警鐘を鳴らしている。英ロンドン大の公衆衛生学・熱帯医学大学院の疫学者、アダム・クチャルスキー教授は〈感染力が50%高いウイルスは、致死率が50%高いウイルスより、はるかに大きな問題だ〉とツイートし、衝撃の試算を紹介している。
日刊ゲンダイ記事より引用。
医療関係、研究者たちがコロナウイルスの対策を探し続けています。
我々、エコロジーサービスはバイオ工学からウイルスと向き合ってます。
詳しくは、ホームページ

にて公開中
全国発売開始キャンペーン中! 30%オフにてお届け中です。この機会にお試しください。