俳優の高橋一生が10日、東京・ 阿佐ヶ谷神明宮で行われたTBS系日曜劇場『天国と地獄 ~サイコな2人~』(17日スタート、毎週日曜21:00~)の制作発表会見に、主演の綾瀬はるかをはじめ、柄本佑、北村一輝とともに出席した。

本作は、綾瀬演じる女性刑事と高橋演じるサイコパスな殺人鬼の魂が入れ替わるスイッチエンターテインメント。努力家で正義感が強く、上昇志向も強いが慌てん坊な刑事・望月彩子(綾瀬)と、表向きは人柄の良いやり手の経営者だがサイコパスな殺人鬼という裏の顔を持つ日高陽斗(高橋)。性別や職業、性格までも相反する2人の魂が逆転し、24時間365日、一瞬の判断ミスも許されないエキサイティングな展開が待ち受ける。

魂が入れ替わり女性を演じる高橋は、「天国ではないような状況が自分の身の回りに起きています。まず、女性を演じさせていただくことが僕にとってはハードルが高い。しかも綾瀬さんのようなキュートな女性。やりすぎてしまうと僕は反感を買いかねないと思っているので、繊細に繊細に女性を演じようと思っています」と苦労を明かした。

女性を演じる上で意識していることを聞かれると、「今となっては馴染みすぎてきちゃって。これちょっと過剰じゃないかなというくらい、日常生活も内股で過ごしている。ふと気づいたら女性的になっている」とすっかり内股が定着したと告白。「ふと見たら内股です」と、足元に目を向けた。 ニュース – 高橋一生、女性役で内股が定着「気づいたら女性的に…」