政府は13日、新型コロナウイルスの感染拡大が続く、大阪・京都・兵庫の3府県に対する緊急事態宣言を決めます。菅総理が会見を行い、説明を行う予定です。

 菅総理は12日朝、自民党の役員会に出席し、感染が拡大している大阪・京都・兵庫の関西3府県などについて、「厳しい状況にある。専門家の意見を踏まえ、状況を見て速やかに判断していきたい」と述べ、13日に緊急事態宣言を決定することを明らかにしました。急きょ、緊急事態宣言の対象に3府県を加えることについて政府関係者は、「一時減少傾向だった大阪が増え始めた」ことを理由の一つに挙げています。

 政府は、3府県への緊急事態宣言の期限は、東京など1都3県と同じく2月7日までとする方向で調整していて、13日、専門家らによる諮問委員会を開いたあと、衆参の両院に説明を行ったうえで、政府の対策本部などを経て、正式決定する予定です。

 菅総理は記者会見を行い、緊急事態宣言を出すに至った理由や感染防止対策などについて説明を行います。また、3府県以外にも感染が広がる愛知・岐阜の両県についても、政府は緊急事態宣言の要請が来次第、検討を行う方針です。

 3府県の住民の反応は・・・

 「やむを得ないのではないですか。これ以上、感染者が増えていくと大変なことになる」
 「深刻かもしれないけど、それで早く落ち着いてくれるなら(緊急事態宣言)出てもオッケーだと思う」
 「遅かったと思います。もっと早くのほうがいい。(Q.いつぐらい?)去年の暮れとかね」
 「前(緊急事態宣言)のほうが学校休みになったから感染とか防げてたかな。今回は学校あるから変わらないのかな」 

#コロナ禍 #緊急事態宣言 #COVID19 #新型コロナウイルス #感染拡大 #関西3府県 #要請 #大阪 #兵庫 #京都
(JNNニュース 1月12日放送)
▼TBS NEWS 公式サイト

▼TBS NEWS 公式SNS  
 ◇Twitter   
  

 ◇Facebook   
  

 ◇note   
  

 ◇TikTok
  

 ◇instagram   
  

▼チャンネル登録をお願いします!

▼TBSスクープ投稿
特ダネ動画を募集しています!