俳優の山田裕貴が、田中圭主演映画『ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~』(6月19日公開)に出演することが9日、明らかになった。本作は1998年長野五輪で金メダルに輝いたスキージャンプ団体を支えた25人のテストジャンパーの実話に基づく物語で、山田は聴覚障害のある選手・高橋竜二にふんする。山田は本作でスキーに初挑戦。「小学校の頃に見た長野オリンピック、スキージャンプの映像が今でも頭の中に浮かびます。初めてのスキーに挑戦ですが、とにかく練習します(笑)。このお話は中継にも載っていない裏側のお話。“目に見えていない部分も見ようとする”これを大事にしているのですが、表舞台に立つ人の裏側にはたくさんの人が関わり、悩み、支えてくれています。チーム一丸!! 生きてるすべての人が主人公であることを伝えたい」と意気込みを語っている。