関ジャニ∞大倉忠義(34)が7日、パーソナリティーを務めるニッポン放送「オールナイトニッポンサタデースペシャル 大倉くんと高橋くん」(土曜午後11時30分)に生出演し、関ジャニ∞から錦戸亮(34)が脱退、事務所退所を発表したことにコメントした。 手紙を読むという形で、「エイターのみなさんへ。このたび、亮ちゃんが抜けて関ジャニ∞が5人になるということになりました」と報告。錦戸については「出会って約20年。僕にとって幼なじみのような存在」とした上で、今回の決断の経緯について「(7人から6人になった際)今で精いっぱいなのに来年のことなど考えられないと初めて立ち止まりました。方向性、何も見えない中、手探りで話し始め、6人で時間をかけてたくさん話し合った結果、この選択になりました、チャレンジの方向性の違いです」と明かした。 そして、錦戸らとの関ジャニ∞としての15年の活動を振り返り「宝物のようなキラキラした青春でした」と振り返った。 今後については「傷だらけでも、泥臭くても前を向いていこうと5人は思っている」とし、「1度きりの人生、この選択が正解になるように頑張ります」と誓った。 錦戸はグループから脱退し、9月末でジャニーズ事務所を退所する。昨年から話し合いを重ね、今月3日に15周年ツアーを終えたタイミングで、公式ファンサイトで発表された。 10月からは大倉と村上信五(37)横山裕(38)丸山隆平(35)安田章大(34)の5人体制で活動していく。 また、ラジオのパートナーの高橋優(35)との会話では「自分も1回、休みたいというのもあるけど、すぐに走りだしたいと思う」とあらためて、前向きに進んでいくことを誓った。