衛藤美彩が、フォトブック『Decision』を1月8日に発売した。同フォトブックには、アイスランドで撮影した撮り下ろし写真に加え、衛藤の私服やセルフメイク、恋愛観、地元・大分県での母娘対談などを収録。彼女がこれまでに出してこなかったパーソナルな部分やマインドも知ることができる1冊となった。

 タイトルの通り、約7年間所属した乃木坂46からの卒業や埼玉西武ライオンズに所属するプロ野球選手・源田壮亮内野手との結婚など、2019年には様々な決断を行ってきた衛藤美彩。1年間悩み抜いて決めたというグループ卒業への思いをはじめ、同フォトブックの制作エピソードやこれからの展望の話を聞いた。(編集部)

衛藤美彩(以下、衛藤):振り返ってみても2019年は本当に決断の年だったので、このタイトルに決めました。乃木坂46からの卒業も、プライベートのことも、自分と向き合って今後の人生を選び抜いた1年でしたね。

ーー卒業自体は、2018年のご自身の誕生日から考えていたということですが、卒業のソロライブを行ったあとの心境を改めて教えてください。

衛藤:寂しさや悲しさはあまりなくて、それよりも前向きな気持ちが大きかったですね。悩みに悩んで決めた卒業だったので、何よりも決心できたことが嬉しかったんです。

ーー衛藤さんの人生においても大きな決心だと思います。

衛藤:暮らしている方々の生き方がすごくシンプルだなって感じました。都会的なスタイリッシュで無駄がない感じとはまた違う、人として必要なものしかないシンプルさというか。生活の質をすごい大事にしているお国柄なのかなって思いました。あと、ご飯を食べに行ったお店のオーナーの方が食事前に演説をする方だったのですが、30分くらいお話ししていただいて。日本とアイスランドにはたくさん共通する部分があることとか、今まで知らなかったことをたくさん教えていただいて貴重な経験になりました。ご飯も日本人の口に合う味付けだったし、ホテルには醤油が置いてあったり、同じ島国ということもあってアイスランドの方は日本に親近感を覚えていただいているみたいです。