トランプ米大統領は24日、南部フロリダ州ウェストパームビーチの投票所を訪れ、11月3日の大統領選の期日前投票を行った。

 郵便投票を批判してきたトランプ氏は記者団に、投票所での投票の方が確かだと指摘。「トランプという名前の男に投票した」と語った。

 トランプ氏は昨年10月、居住地を生まれ育ったニューヨーク州からフロリダ州に変更したことを明らかにしていた。節税が狙いと指摘されるが、激戦州フロリダの有権者にアピールする狙いもあるとみられている。