💖 Please Visit:
💖 Please Subscribe:
✍ 浜崎あゆみ“再ブレーク”なるか!? 大ヒットの自伝的小説がドラマ化へ…業界内からは批判の声も ファン“直訴騒動”との因果関係が取り沙汰され (1/2ページ)   平成の歌姫、浜崎あゆみ(40)が、音楽プロデューサーで育ての親であるエイベックスの松浦勝人会長(54)と交際していた過去を告白した小説『M 愛すべき人がいて』(幻冬舎刊)。赤裸々な内容で大ヒットとなり、テレビ朝日による来春のドラマ化も決定したとも。ただ「さすがにやりすぎだろう」という声もチラホラ聞こえてくる。   同書は、ノンフィクション作家、小松成美氏が浜崎への取材を基につづった自伝的小説。松浦会長との出会いから交際、別れに至るまでが描かれており、発売当時、多数のメディアが取り上げるなど反響を呼んでいる。   さらにテレ朝による来春の連続ドラマ化が報じられたこともあり、インターネット上では早くも浜崎役を誰が演じるのかを予想する動きなども見られる。   だが、その一方で芸能界からは、お笑いタレントの今田耕司がテレビ番組で、「これって世の中の人はビックリしているんですか?」や「こちらの人間は、当時から誰でも知っていること」とバッサリ。   お笑いコンビ、おぎやはぎの小木博明も「ルール違反」と非難するなど批判的な声もあるが、民放テレビ局の情報番組スタッフはこう語る。   「今田さんの言うとおり、浜崎さんと松浦会長が交際していたことは、業界内では昔から有名でしたし、今さら感はぬぐえません。むしろ、今それを出してきたことも含めて、近年の浜崎さんは『NHK紅白歌合戦』出場の翌日に電撃結婚を発表したり、SNSで話題を振りまいたりと私生活を切り売りする印象が強い」 …
💖