米倉涼子(44)が11月9日放送のテレビ朝日系「クレヨンしんちゃん」(土曜午後4時30分)で、アニメのアフレコに初挑戦していることが29日、分かった。米倉は放送中の同局ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(木曜午後9時)で演じる主人公のフリーランス天才外科医、大門未知子役で登場する。 17日にスタートした「ドクターX」第6シーズンは、初回20・3%、第2話19・0%と高視聴率を連発している(関東地区、ビデオリサーチ調べ)。「クレヨンしんちゃん」も10月から、従来の金曜夜から土曜夕方に放送枠を引っ越しして、注目を集める2作のコラボレーションとなった。 放送されるショートアニメ「Doctor-X だゾ」は、未知子が主人公、野原しんのすけが通う幼稚園に現れて問題を解決していくストーリー。ドラマの決めぜりふ「私、失敗しないので」も盛り込まれる。 米倉は、白衣にハイヒール姿の“未知子スタイル”で収録ブースに登場。初のアニメアフレコも難なくこなし、外科医役らしく予定時間よりも早く終える手際の良さを披露した。 米倉は「アフレコでも“私、失敗しないので”と大門未知子なら言うところかもしれませんが…自分では分からないです」と隠れた緊張を明かしつつ、「演技の表情を声だけでつけなければいけないところが難しかったです」と振り返った。初対面ながらしんのすけのかわいさにも魅了されたようで「できれば一緒にお酒を飲みたいですが、5歳だから駄目ですね」と笑った。