#木下優樹菜のインスタ炎上が辻希美にそっくり!「男の子のママは楽しくないってことですか?」
  今月17日、木下優樹菜が自身のインスタグラムに、2人の娘と一緒にショッピングを楽しむ写真に「#姉妹」「#女の子のママは楽しい」とつけた投稿をしただけで、なぜか炎上している。 この投稿のコメント欄には、<女の子のママは楽しいですよね!>と木下に同意する意見と共に、<男の子のママも楽しいんですけど><男の子のままは楽しくないみたいでその言い方いやです><男の子続きで本当は女の子が欲しいお母さんもいるんだよー「ママは楽しい」でいいじゃん>など、男の子の親に失礼だという批判コメントが多くついたのだ。こういった批判に対して、<いちいち突っかかる人がおかしい>と苦言を呈するユーザーも加わり、コメント欄が荒れている。 しかし木下自身は、娘と買い物をすることが楽しかったと投稿しただけで、「男の子のママは楽しくない」などとどこにも匂わせていない。見当はずれな批判コメントは木下も深刻に受け止めずスルーするだろうが、こうした投稿までイチャモン的な炎上をするということは、木下が元祖ママタレ女王・辻希美に近づいてきたということなのかもしれない。 “ママタレ”のSNSに対して、重箱の隅をつつくような批判をする人は一定数存在する。あびる優、優木まおみ、小倉優子といった数多くのママタレの中でも、辻希美は“炎上ママタレ”と称されるほどアンチから常に見張られてきた。辻希美は煮込みハンバーグを作っただけでアンチから叩かれる  辻には一定数のアンチが定着しており、ある「ママ向け」のネット掲示板には辻がブログやインスタグラムを更新するたびに批判的なコメントが続々と投稿される仕組みが出来上がっている。 たとえば最近は、辻が妊娠中にハロウィンパーティーに参加しただけで「妊娠中なんだから参加するな」「お腹の子供がかわいそう」。なかでも手料理の写真を投稿した際の批判が多く、ピンクのお皿にカレーを盛れば「食欲を無くす色で家族が可愛そう」、煮込みハンバーグを作れば「うまく焼けないから煮込んでしまうの?」、ハヤシライスを作れば「辻一族のハヤシライスって豚肉なの?」。このように揚げ足を取るようなコメントが必ず上がり、ネットニュースとして拾われ、拡散していく。 また、辻のアンチは夫である杉浦太陽へのバッシングも激しく、掲示板では「全然料理しないダメな夫」「仕事もろくにしてないくせに偉そうなことを言うな」などのひどい意見が並ぶ。 ただ最近は「辻希美が炎上」というネタがネットで取り上げられると、「そんなことで叩かれて可愛そう」「しっかりお母さんやってて偉いじゃん」「辻は何も悪くない」といった辻を擁護する意見も多くみられる。実際に辻を批判している人は一部ということだ。 一連の流れはもはや様式美として確立されているようですらあるが、辻がこうした小姑的バッシングに一切傷つかずにここまできたかといえば、そんなことはないだろう さて、木下優樹菜も最近はインスタグラムに執念深いアンチが固定化し、バッシングコメントを付けられることが多くなっているようだ。今年11月にアップした木下の手料理の写真には、「メインがない」「赤と緑が足りない」といった、辻と類似のコメントも登場した。殿堂入りした辻にかわって、木下が“炎上ママタレ”襲名となるのかもしれない。辻と違い、喧嘩腰で反論するタイプの木下は、炎上増加にあたってどう反論していくのだろうか。[外部サイト]辻希美は「娘の友達にバカなんでしょ、と」 親の“炎上コンテンツ化”を子どもが知るとき辻希美はもう“炎上”していなかった! アンチスレから「批判殺到」を生む無理やり感杉浦太陽に浮気・二重整形追及? 辻希美は「もっとかまってほしい」と本音紗栄子や木下優樹菜に「下品」「子育てしてるのか」嫌いなママタレランキングの悪口垂れ流しぶり木下優樹菜と青山テルマが「やっぱ女めんどくさいからー」とタイプの違う女性を猛烈dis