【GⅠ寛仁親王牌(7日)】準決11Rで脇本雄太(29)をマークした三谷竜生(31)は、ぴったりつけ切って2着で決勝進出を決めた。脇本の上がりタイムはバンクレコードタイの8秒8。そのすさまじいスピードを体感し、驚きつつも、「抜けるようにならないと」と語った。今年2冠の猛者が、3つ目のGⅠを狙っている。