【KEIRINグランプリ(28日)】三谷竜生(31)は初めてのS級S班として1年間、奮闘してきた。GI2勝の輝く結果も残し、2年連続のGP出場。昨年は単騎戦だったが、今年は近畿4人。脇本雄太(29)の番手を守り切り、栄光のGPジャージーを手にする。