先月31日夜、さいたま市の高校で合宿をしていた広島市の高校のサッカー部の生徒44人が食中毒の症状を訴えて病院に搬送されました。

 午後10時ごろ、さいたま市の浦和東高校で合宿をしていた広島皆実高校のサッカー部の顧問の男性から「16歳の男の子が腹痛や手足のしびれを訴えている」と119番通報がありました。消防などによりますと、広島皆実高校のサッカー部員44人が吐き気や下痢、腹痛などを訴えて病院に搬送され、37人は軽症ですが、7人は症状がやや重いということです。サッカー部は31日に千葉県柏市で練習試合を行い、昼食は弁当を食べたということですが、食中毒の原因は分かっていません。広島皆実高校は全国高校サッカー選手権の広島代表で、今月2日に試合が予定されています。
[テレ朝news]