有馬記念レース結果回路。昨年、レース直前の雨で内側芝が壊滅状態になり外芝有利の中スタート。アエロリットが予想通り1000m通過58.5のHペース。 後続は2秒離れて59.5で通過。アーモンドアイやリスグラシュー,フィエールマンは1分ジャストで通過しSMペース。最後方の武豊ワールドは1分1秒で通過し。
た。 さらにアエロリット後続を引き離すが距離の壁に泣かされ失速。道中 最内を距離ロスなく進んだダミアン騎乗リスグラシューは内芝が荒れていて伸びないのを確認し、最終コーナ手前で一気に大外へ持ち出す。一方アーモンドアイ騎乗クリストフルメールは池添謙一押し込まれ外に出せず内を走る羽目に‥リスグラシューがラスト3F34.6の上がりで完勝。後続が2着3着が35秒台なので リスグラシューの馬場適正と能力の高さが際立った。 内の馬は馬場に苦しみ上がり36秒で全馬止まってしまった。
レース後 アーモンドアイ大敗にクリストフ・ルメールはショックを隠しきれなかった。

競馬バラエティ番組《プロ競馬予想TV.JRA》
——-
☆サブチャンネルも登録お願いします
馬券師の裏情報公開 【毎日競馬】⇒

〈プロ競馬予想TV〉_JRA
★調教&血統&馬体診断解説で予想に役立つ《プロ競馬予想TV.JRA》↓

☆Twitter ↓

☆Webサイト ↓

———————

#プロ競馬予想TV #毎日競馬プロ競馬予想TV #毎日競馬 #レース #ギャンブル