💖 Please Visit:
💖 Please Subscribe:
✍   デビュー20周年を迎えた、演歌歌手の氷川きよしがニッポン放送「高田文夫と松村邦洋と磯山さやかのラジオビバリー昼ズ」に出演し、開設したインスタグラムの動向を語った。  2020年2月にデビューから20年を迎える氷川。先日武道館で行われた20周年記念ライブは、高田文夫も客席で鑑賞した。会場に風が吹く舞台演出があったが、氷川は咳き込みそうになりながら歌い続けていたことを明かした。 そして11月にインスタグラムを開設すると、2日間でフォロワーが2万人を超え、ニュースに。12月31日現在は15万人を超え、フォロワーが急増している。 磯山: 私もフォローさせていただきました! 氷川: ありがとうございます 高田: きれいな写真でね、これは自撮りってやつ? 氷川: 自分で撮ったり、人に“あれ”してもらったり 磯山: 撮影ですよね? 氷川: 最近“あれ”が多くなってきた。老化ですね(笑) 高田: 老いが来ちゃってるじゃねぇかよ(笑) そんな氷川の、デビュー20周年記念シングル『大丈夫/最上の船頭』は、ジャケットもカップリング曲も異なる、複数のバージョンで発売。以前よりロックが好きだった氷川は、「好きな音楽をどんどん歌っていこうと思いまして。演歌も好きですし、人情味のある歌も歌いたいですしね」と、多彩なジャンルの楽曲に挑戦する意欲を見せた。  これを聞いた磯山は「演歌の方が他のジャンルを歌うと、ちょっと演歌が残ってたりするんですけど、氷川さんはないんですよね」とコメント。今後の氷川の活躍に期待感を高めた一同であった。  …
💖 #芸能人, #芸能・エンタメ, #ニュース