★チャンネル登録:

 一人のラブドール職人と、彼が一目で恋に落ち結婚した妻との日々を描いたタナダユキの小説「ロマンスドール」。型破りな設定と衝撃的な展開の中で、男女が強く惹かれ合い、そして時間とともに変わっていく感情と関係を繊細に描いた物語は、2008年に雑誌「ダ・ヴィンチ」で連載されるやいなや、多くの話題と共感を呼んだ。その傑作小説がこの度、原作者であるタナダユキ自らが脚本・監督を手掛け映画化され、2020年1月24日全国公開となる。主演をつとめるのは、現在放送中のドラマ「凪のお暇」での好演も話題の高橋一生。美大卒業後にフリーター生活をしていたところ、ひょんなことからラブドール制作工場で働き始め、次第にその魅力にのめり込んでいく主人公・北村哲雄を演じる。哲雄の妻・園子を演じるのは、『リリィ・シュシュのすべて』(01)で高橋と18年ぶりに共演を果たす、蒼井優。『百万円と苦虫女』(08)以来、映画としては11年ぶりのタナダ組参加となる蒼井は、優しさの中に強さをもった、芯のある大人の女性を繊細に演じる。さらに二人をとりまく共演陣に、浜野謙太、三浦透子、大倉孝二、渡辺えり、きたろうら個性豊かな実力派俳優陣が集結した。

 10日、初映像解禁となる特報映像が到着した。18年ぶり2度目の共演となる高橋と蒼井。本作では初の夫婦役に挑み、映像では、高橋演じる哲雄と、蒼井演じる妻・園子がベッドで見つめ合い、ドキッとするほど美しく儚げなキスシーンを魅せている。「…どういう夫婦になりたかった?私はね、なんでも言い合える夫婦になりたかった」「なにが言いたいの…?」という物憂げな会話。そしてそれぞれの目線から対照的に添えられた、「妻を愛して“嘘”をついた」「夫を愛して“秘密”を持った」という印象的なメッセージ。その先に、果たしてどのような展開が待ち受けるのかー?

【関連動画】
突撃レポ!高橋一生の真実 ―俳優・歌手とは異なる素の表情で語る 33の答え―

高橋一生&レティシア・カスタが演じるラブストーリー、『ブシュロン』オリジナルショートフィルム「Cinder Ella ~ある愛と自由の物語~」公開

蒼井優、山ちゃんとの結婚祝福に満面の笑み「ありがとうございます」 映画『宮本から君へ』完成披露舞台あいさつ