フィギュアスケートの世界選手権(来年3月、カナダ・モントリオール)代表選考会を兼ねた全日本選手権は最終日の22日、東京・国立代々木競技場で男子フリーを行い、ショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(トヨタ自動車)がフリートップの184・86点で逆転。合計290・57点で4連覇し、世界選手権代表に決まった。SP首位の羽生結弦(ANA)はミスが相次いでフリーは3位となり、合計282・77点で2位。4年ぶりの優勝を逃した。【撮影・竹内紀臣】2019年12月22日公開