💖 Please Visit:
💖 Please Subscribe:
✍  木村文乃が20日、NHKにて開催された土曜ドラマ『サギデカ』試写会に出席した。 警視庁捜査二課の女刑事・今宮(木村)が、振り込め詐欺グループの摘発に全身全霊をかけていく姿を描く社会派ヒューマンドラマ。試写会には、木村と振り込め詐欺の「かけ子」で、今宮と大きくかかわることとなる若者・加地役を演じた高杉真宙が登壇した。 本作について木村は「刑事モノというと、『善か悪か』、『0か100か』っていうイメージがあるかと思うのですが、本作はそういう話ではなくて、何を信じて貫き通すかということだと感じました」と熱弁。人それぞれ善と悪の考え方が違い、どれが正しいのか図るのを難しいとしながらも、今の時代に信念を貫き通すことは、とても大切で忘れてはいけないものだと話した。 スタッフにも詐欺被害者がいると明かしたところで、突如会場のライトが消灯。この時、渋谷区で停電が起きてしまったのだが、木村は慌てることなく「サプライズあるんですかね? 聞いてないですけど」と笑顔で対応。「ちょっと熱く語りすぎたから『クールダウンしろ』ってことですかね?」「今、カメラを持っている方の光が頼り」などと言い、会場を和ませた。その後も暗がりで、うっすらと照明がある中、高杉と会見を続けた。 そんな高杉は「警察チームが仲良くてビックリした」と回顧。高杉自身は一人での撮影が多かったため、木村や彼女の上司役の遠藤憲一などのチームワークが良く、ワイワイしていたところを見て「『捜査二課に入りたかったなぁ』と遠目から見ていました」とうらやましそうに語っていた。 土曜ドラマ『サギデカ』は、8月31日(土)、NHK総合で午後9時より放送される(全5回)。 …
💖 #IT・デジタル, #ビジネス, #エンタメ, #ライフ, #ショッピング, #SPEEDTEST, #イベントセミナー