先進映像協会 ルミエール・ジャパン・アワード 2019 特別賞(4K部門)
アジアン・アカデミー・クリエイティブ・アワード Regional Winner(ショートフォーム部門)
4K・VR徳島映画祭2019 神山町長賞
AIS Lumiere Japan Awards 2019 – Special Awards (4K Category)
Asian Academy Creative Awards – Regional Winner (Best Short Form Content)
4K·VR Tokushima Movie Festival – Kamiyama Awards

4K/HDR ショートフィルム
“小夏日和”
Short film in 4K/HDR
“Konatsu and Hiyori”

【出演】唐田えりか・濱田龍臣
Cast – Erika Karata, Tatsuomi Hamada

【音楽】小瀬村晶
Music – Akira Kosemura

【内容】
ふるさとは、わたしの未来でした。
令和元年、夏。小夏(21)が突然、高知に帰ってきた。変わらない風景が嫌いで町を飛び出して以来、二年振りのふるさと。幼なじみの日和(20)は、塩職人の修業を続けていた。
「やっぱりここは、なんにも変わってない」
想いを察した日和が、小夏を連れ出す。フィルムカメラのファインダー越しに、高知の風景に触れる小夏。そこに写るのは、いまを生きるふるさとの姿だった。
ニューヨークフェスティバル金賞などを受賞した8K/HDR作品「つくるということ」のカンテレ技術スタッフが再集結。
美しい高知を舞台に描かれる、淡い夏色の小さな物語。
Outline –
My hometown is my future.
Summer, 2019. Konatsu suddenly returns from Tokyo to her hometown in Kochi. It has been two years since she left, fed up with how nothing ever changed there. However, she is tired of life in Tokyo. Hiyori, her childhood friend, is apprenticing to be a salt craftsman.
Konatsu sighs, “Nothing’s changed here”.
Hiyori takes Konatsu out to revisit the rich landscapes of Kochi. He wants to show her that the locals are working hard to preserve the beauty and traditions of their hometown; things Konatsu takes for granted. Through her camera lens, Konatsu sees her hometown in a new perspective.
Created by the Kansai Television technical team of “to make” which received many awards including Gold World Medal in the New York Festivals International TV & Film Awards.
A short, bittersweet summer story set in the beautiful landscapes of Kochi.

【スタッフ】
撮影 樋口耕平
照明 中村貴志
映像技術 帆足聡一郎
音声・MA 宮島雅俊
スタイリスト TOCO
ヘアメイク 田渕早紀
撮影助手 登島努 辻野翔太
照明助手 徳永勤 五味多友美
音声助手 大林俊夫
編集助手 阿部竜也 奥野真也 山本道雄
技術プロデューサー 横山和明
音響効果 中嶋泰成
英語字幕 端崎優子
エンディング曲 「ただいま、おかえり」 羊毛とおはな
音楽協力 メディアプルポ
撮影協力 高知フィルムコミッション
特別協力 高知県
営業 高田静紀
プロデューサー 渡邉愛幸 和泉亮
脚本・編集・グレーディング・監督 矢野数馬
制作著作 カンテレ