新国立競技場 開場イベントに6万人の観客
東京オリンピック・パラリンピックのメインスタジアムになる新しい国立競技場で、21日夜、オープニングを祝うイベントが開かれ、スタンドを埋めた6万人を前に陸上の桐生祥秀選手や男子100メートルの世界記録保持者、ウサイン・ボルトさんがトラックを駆け抜けました。 新しい国立競技場は11月に完成し、21日夜、抽せんの結果選ばれたおよそ6万人の観客を集めてこけら落としのイベントが行われました。 東京オリンピックは東日本大震災からの復興を大会の理念の一つに掲げていて、最初に東北で毎年行われている復興のまつり「東北絆まつり」を再現した各地の踊りが披露されイベントの幕があがりました。 国立競技場のピッチを最初に踏んだのはサッカー横浜FCに所属する現役最年長52歳の三浦知良選手で、ユニフォーム姿で登場しドリブルを披露すると会場からは大きな歓声が送られました。 また、ことし日本中を熱狂させたラグビーワールドカップ日本代表のリーチマイケル選手も登場し、「早くここで試合をしたい」と話し、会場を盛り上げました。 このあとトラックでは東京大会で活躍が期待される日本の選手や海外の選手たちも参加して陸上のリレーが行われました。 障害や性別に関係なく6人1組で4つのチームを作ってそれぞれ200メートルを走り、アンカーを務めた男子100メートルで世界記録を持つウサイン・ボルトさんや日本選手初の9秒台をマークした桐生選手が真新しいトラックを駆け抜け会場を沸かせました。
この動画は1080p60FPSに対応しています。
60FPSに設定すると文字の動きが滑らかになり、より快適にご視聴いただけます。
サブチャンネル開設しました!:
引用元:[Write Source]

※この動画は、ニュース情報の伝達や教育を目的として投稿しています。

Warning : Unauthorized reproduction prohibited.
If you duplicate, you get a Copyright Strike and takedown your video without notice.
Thank You.