#八木亜希子、インフルでラジオ生放送欠席…リクエスト送信もなりすましと勘違いされ採用されず
拡大写真 インスタグラムより@reikoshiota   バドミントンの元日本代表でタレントの潮田玲子(35)が19日、フリーアナウンサーの八木亜希子(53)がパーソナリティーを務めるラジオ番組のニッポン放送「八木亜希子LOVE&MELODY」(土曜・前8時30分)に“代打出場”したことを自身のインスタグラムで報告した。  八木がインフルエンザにかかったため、この日の放送は急きょ欠席。潮田は番組の冒頭で聴取者に向けて告知し、この日の放送は「潮田玲子のLOVE&MELODY」として放送された。  そして自身のインスタには「またまたピンチヒッター務めさせて頂きましたー! 去年3月以来のラブメロパーソナリティだったのでとても緊張感あったしアタフタしまくりでしたが、ほんっと楽しかったですー。そしてたくさんのリクエストありがとうございました」とつづった。  さらに潮田はインスタに八木から寄せられたメールの画像もアップ。「実は実は!終わった後にスタッフに八木さんからメールが届き気づいたのですが、八木さんからのリクエストメールを頂いていたみたいなんですー。でもいつものメアドじゃなかったという事でなりすましかなー?と採用されなかったらしく…」と、舞台裏を明かしていた。  八木からのメールには「夫から私に感染り、夫婦二人で家で聴いています。今年のインフルエンザすごいです」などと記され、音楽好きの夫からのリクエストも記載されていた。