#長瀬智也 #ジャニーズ #脱退

関連

デビュー25周年の4人組、TOKIOの長瀬智也(41)が来年3月末でグループを脱退、ジャニーズ事務所を退所することを22日、ファンクラブサイトで電撃発表した。

【写真でみる】TOKIOの4人

 退所後は「芸能界から次の場所へ」とクリエーターに転身する。城島茂(49)、国分太一(45)、松岡昌宏(43)は音楽の方向性の違いからたどり着いた「円満離婚」と明かし、同事務所の関連会社「株式会社TOKIO」を設立して“独立”。リーダーの城島が社長に就任し、グループ活動を継続する。

 長瀬はサイトで「来年の3月をもって芸能界から次の場所へ向かいたい」とグループ脱退とジャニーズ事務所の退所を発表。「また何処かでお会い出来たら、僕のやりたかった事を分かって頂けるよう邁進するだけです」(原文ママ)と来年4月から表現者としてのクリエーティビティーを生かし、裏方として新たなスタートを切る。

 1990年に事務所入りして丸30年。「5つの楽器の音となんて事のない言葉だけで心を動かすバンドの素晴らしさをジャニーさんが教えてくれました」と昨年7月に亡くなった前社長で恩師のジャニー喜多川さんに感謝。94年に「LOVE YOU ONLY」でCDデビュー以来支え続けたファンには「皆さんのおかげで26年間成長することが出来て、その間に生まれた沢山の作品はこれからもずっと僕らの宝物」と熱くつづった。

 一方、残る3人は連名でコメントを発表。「メンバー長瀬智也の選んだ、新たな道に進む決断を尊重し、他のメンバー3人は彼の生き方、考え方を納得した上で、気持ちよく、彼を次の道に送り出す方向で話がまとまりました」と円満を強調。続けて「我々3人は、先代の社長から頂いた、この『TOKIO』というグループ名を閉ざす事なく、弊社内ではありますが、自分達で新たな会社を設立し、今まで以上に活動拠点を広げ、1人1人がプロとして、プレイヤーとして、そして新たなTOKIOとして、新しい一歩を踏み出すことに決めました」(原文ママ)と報告している。

 TOKIOは長瀬がボーカル、城島がギター、国分がキーボード、松岡がドラム、2018年5月にグループを脱退して事実上芸能界を引退した山口達也氏(48)がベースを担当。デビュー年から24年連続でNHK紅白歌合戦に出場するなど、ジャニーズ屈指のバンドグループとして絶大な人気を誇った。

 だが、山口氏脱退の影響もあり、17年8月発売のシングル「クモ」を最後に音楽活動はなくなっていた。
引用元: