元SKE48でフリーアナウンサー柴田阿弥(26)が、喉の不調のためレギュラー番組を欠席し、「本当にごめんなさい」と謝罪した。 柴田は6日、ツイッターで「土曜夜から声が全く出なくなってしまい、今は声は出ますがかなり擦れており」とし、キャスターを務めるAbemaTVの報道番組「けやきヒルズ」の7日放送を欠席。7日に「とりあえず耳鼻咽喉科で抗生剤とステロイドの点滴をしてきました」と病院で治療を受けたが、その後のツイートで「点滴などしてもらいましたが喉の調子が芳しくなく、明日のけやきヒルズとチャント!もお休みさせていただくことになりました」と、サブキャスターを務めるCBCテレビの情報番組も欠席するとし、「本当に私のせいで色んな方に迷惑をおかけして申し訳ありません。1日も早く復帰できるよう明日も病院行きます。本当にごめんなさい」と謝罪した。 続けて「今年1へこんでおります。今日の収録とても楽しみにしてたのにスタッフさんや出演者の方にも迷惑かけてしまった。体調管理めちゃくちゃ気をつけてたのに甘かったです。責めてもしょうがないけど悔しい」と反省。「1日で声が出なくなるなんて。すみません、自分のせいなので出来る限りつくして早く治します」とつづった。