大量のイナゴの発生により緊急事態宣言です。

 バチバチと車のフロントガラスに当たっているのは、イナゴです。アルゼンチン北部では先月からイナゴの大群が発生し、トウモロコシ畑が食い荒らされるなど大きな被害が出ています。イナゴは今後、隣のパラグアイ、そしてブラジルへと移動していくとみられ、各国が緊急事態宣言を出しています。この一帯では2015年以降、繰り返しイナゴの大群が発生していて、温暖化で気温や湿度の上昇がイナゴの生育に影響し、頻度が高くなっているといいます。
[テレ朝news]