💖 Please Visit:
💖 Please Subscribe:
✍  国内女子ゴルフツアーの今季初戦、アース・モンダミン・カップ(6月25~28日、千葉・カメリアヒルズCC)の練習ラウンドが24日、会場の千葉・カメリアヒルズCCで行われ、渋野日向子(21=サントリー)が最終調整を行った。    ◇   ◇   ◇ 渋野日向子の一問一答 -練習をやってみて 渋野 今日も天候が朝から良くなったので、雨の影響からかグリーンが重かったですね。ショットは昨日よりも良かったので、だんだん筋肉痛も取れてきて、調子も上がってきていると思います。ちょっとずつ良くなってくるかなと思います。 -昨日は現在の状態を「15%」と言っていたが、少しは上がっているか 渋野 はい(笑い)。ちょっと上がりました。 -今日はインコースをチェックした 渋野 例年、このコースはラフが長いのですが、今日も長くて、去年、一昨年も回っていて、コースの感じは覚えているので「こんな感じだったな~。ここに(カップが)あったな~」と覚えていましたので、そこら辺を練習したり、グリーン周りを練習したりしました。 -コース攻略のカギとなるホールは 渋野 (18年にホールインワンした)9番のパー3も思い入れがありますが、パー5でどれだけバーディーが取るかが大事だと思うので、パー5でバーディー率を上げたいです。あと短いパー4もしっかりバーディーを取れたらなと思っているので、そこでどれだけ稼げるかだと思います。 -横峯さくら選手、西村優菜選手と同組 渋野 (組み合わせを)見た瞬間は、さくらさんと回れると思って。楽しみな気持ちでいっぱいです。西村さんもプロとして初めて試合だと思いますので、無観客ではありますけど、みんなで盛り上げられたらいいなと思います。 -西村選手には先輩としていいプレーを見せたい 渋野 先輩として見せないといけないという、ちょっとプレッシャーはあるかもしれないですね(笑い)。 -明日に向けて 渋野 雨はそこまで影響はしないかなと思うので、グリーンの感じとかはしっかり合わせられたらいいなと思います。 …
💖 #国内女子ゴルフ, #渋野日向子, #日刊スポーツ