皆さん、こんばんは。いかがお過ごしでしょうか?

今日も一日中、良い天気でした!

洗濯しました。

さて、例の『新型コロナウイルス接触確認アプリ』はダウンロードされましたか?

アプリの「陽性情報の登録」で、適当な8桁の数字等を入力すると、「完了しました」という不具合が見つかったようで、現在、不具合の修正が行われているようです。

で、このアプリ、ボランティアで開発されたということのようですね。

アプリのベースは、AppleとGoogleから提供されたものを使っているようですが、ボランティアとは・・・。

持続化給付金等には、訳の分からないお金の流れがあるようで、なんでアプリ開発にお金をかけないんでしょうかね。

このようなことをしているから、アプリに「個人情報の流出」の懸念が拭えないんですよね。

今夜は午後10時からの30分バージョンです。いつものように皆さんのコメントで番組を進めていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

(今日で59歳と11日)
———————————————————————-
【初見の皆様へ】
私の左目がおかしいのは、生まれつきの病気『先天白内障』です。ほぼ失明状態です。また、言語のブロック障害ももっています。見た目で判断される悲しさ等、をどうぞご理解ください。よろしくお願いいたします。

【新型コロナウイルス感染症に関するYouTubeの対応】

2020年3月16日にYouTubeはYouTube Creator Blogで『Protecting our extended workforce and the community』という記事で、今回の新型コロナウイルス感染症に関するYouTubeの今後の対応について発表しました。

今回の発表は、下記の公式ブログに掲載されています。

・日本版YouTube公式ブログ
YouTube コミュニティの安全を守るために 2020年3月17日火曜日

今回の発表は、新型コロナウイルス感染症から、従業員、パートナー等、YouTubeの仕事に従事している方々の健康を守るためにとられる措置です。

そのため、これまで以上に機械学習(AI)による動画判定の比率が高まることになります

また、新型コロナウイルス感染症に関する動画の収益化に関する処置も従来通りです。

一部YouTubeの動画で、「YouTubeのAI判定が厳しくなる!」「異議申し立てをバンバン出しましょう!」と解説している動画がありますが、厳しくなるわけではありません。

異議申し立てをバンバン出しても、それを処理する従業員が少ない状況ですので、異議申し立ての処理は大幅に遅れます。

同様に、YouTube公式ヘルプコミュニティに質問、クレームを出して、私たちエキスパートが処理しますが、エスカレーション案件は処理されます。

その点をご了承ください。

当分の間、新型コロナウイルス感染症に関する混乱が生じる可能性があるかもしれませんので、ご了承ください、ということです。

このようにしてYouTubeから発表がありましたので、それに従ってYouTubeでの活動を行っていきましょう。この状況を乗り越えていきましょう。

【関連サイト】
・コロナウイルス感染症 2019(COVID-19)に関する更新

#新型コロナウイルス接触確認アプリ
#COCOA
#ボランティア