動物の生き生きとした表情を引き出す行動展示の先駆けとなった旭山動物園(北海道旭川市)が今春、一般(高校生以上)の入園料を820円から1千円に値上げし、国内の公立動物園では最も高い水準になった。公立動物園は住民サービスの役割も担う。その値上げに踏み切った旭山動物園の決断は、日本の動物園の経営のあり方に一石を投じることになりそうだ。
 旭山動物園は、旭川市が運営する公立動物園。2018年度の入園者数は約137万人。人口33万人ほどの旭川市にありながら、上野動物園(東京都)や東山動植物園(名古屋市)、天王寺動物園(大阪市)など大都市の動物園に次いで4番目の多さで、そのほとんどが国内外からの観光客だ。