ロドリゴ・シウバ・デ・ゴエス(Rodrygo Silva de Goes, 2001年1月9日 – )は、ブラジル・サンパウロ州オザスコ出身のサッカー選手。ポジションはフォワード。レアル・マドリード所属。

欧州の複数の強豪クラブが獲得に動いていたが、最終的にレアル・マドリードとFCバルセロナの一騎打ちの末、2018年6月15日、レアル・マドリードに移籍することが発表された。契約期間は6年間で移籍金は破格の4500万ユーロ(当時のレートで約58億円)。2019年6月18日に正式に契約を締結し、エスタディオ・サンティアゴ・ベルナベウで入団会見が行われた。

2019年9月25日、ラ・リーガ第6節のオサスナ戦でベンチ入りしたロドリゴは、1-0とリードしていた後半26分にヴィニシウス・ジュニオールに代わって途中出場、リーグ戦デビューを果たし、同27分にはラ・リーガ初得点となるゴールを挙げ勝利に貢献した。11月6日のUEFAチャンピオンズリーグのガラタサライSK戦では開始4分で先制点を挙げると、3得点1アシストの活躍を見せた。なお、同試合での得点はブラジル人におけるチャンピオンズリーグ最年少ゴール記録となったほか、開始7分での2得点はチャンピオンズリーグ最速記録となり、更にラウル・ゴンサレスに次ぐチャンピオンズリーグ史上2番目の最年少ハットトリック記録選手となった。