💖 Please Visit:
💖 Please Subscribe:
✍  女子ゴルフの渋野日向子(21=サントリー)が15日、国内女子ツアー開幕戦となるアース・モンダミンカップ(25~28日、千葉・カメリアヒルズCC)を前にオンラインで会見した。1月24日に地元岡山で一日税務署長を務めて以来約5カ月ぶりの公の場。前髪がきっちりそろった髪形で登場した。アプローチ特訓でウエッジ(58度)は5本目に突入し、体重は3~4キロ増。“たこスイング”などでドライバー飛距離も約10ヤードアップした。待ちに待った開幕へ。“ニューしぶこ”は「楽しみしかないです」と超前向きだ。    ◇   ◇   ◇ 新型コロナウイルス禍で3カ月半も空白ができた。大目標の東京オリンピック(五輪は1年延期が決まり、ツアーは今年の37戦中20戦で中止が決定。第17戦目での開幕だ。しかも20-21年が統合された異常なシーズンになる。それでも、渋野は渋野だった。「昨年もすごく楽しみだったけど、今年も楽しみしかないです」とニコニコ笑った。 2020年は“ニューしぶこ”を見せる。「課題のアプローチを極めるのみ」と昨年暮れから取り組むショートゲーム。ドライバーなど長いクラブは1日100球も打たなかったが、アプローチは400~500球。フェースの溝は消え、裏面も削れた。 青木翔コーチ(37)が「ウエッジは58度が今、5本目、52度とピッチング(PW)が2本目。ヘッドを(素材が消耗しやすい)フォージドから、ソフトステンレスに替えたんだけど」と首をかしげる練習量。渋野は「昨年は(サンドウエッジにあたる)58度だけでしたが、転がしも練習して、今はPWまで使います」と手応えを感じている。 攻撃ゴルフを支えるドライバーも、飛距離が約10ヤード伸びた。トレーニングで体重が3~4キロ増え、パワーアップ。一方で「手を柔らかく使う」(渋野)“たこスイング”を「たこ、たこ考えてたら(混乱して)たこが分からなくなった。でも、イメージは変えず、たこで行きます」と、徹底的に“たこになる”つもりだ。ツアー停止のブランクで、青木コーチの将来的な腹案だったスイング改造にも着手。広めのスタンスを狭め、再現性を高める。その狙いも徐々に身についてきた。 開幕戦は無観客開催だ。「自分(の第1打)がフェアウエーに行ったかわからなかったり、バーディーの時とか…。正直寂しい気持ちが強いです」。来年の米ツアー挑戦、東京五輪出場を願う …
💖 #ゴルフ, #東京オリンピック2020, #渋野日向子, #国内女子, #五輪, #オリンピック, #日刊スポーツ