💖 Please Visit:
💖 Please Subscribe:
✍     「なぜ伊藤さんがこれだけの嘘を言っているか分かりません」。2015年に同意のないまま性的行為に及んだとして330万円の賠償を命じられた元TBSワシントン支局長の山口敬之氏(53)は会見で、自身を訴えた伊藤詩織氏(30)の主張に疑義を唱えた。ジャーナリストとして出席していた伊藤氏本人を目の前にして、である。     山口氏に続いて、その伊藤氏も会見した。「嘘をついていると言われたが、どうか?」。報道陣に問われた伊藤氏は、山口氏に静かに反論した。 山口敬之氏 伊藤詩織氏 囲み取材に応じた伊藤詩織氏(一番左)と、質問した小川榮太郎氏(一番右) 山口氏「私は真実を述べています」     伊藤氏が性的暴行を受けたとして山口氏を訴え、東京地裁が山口氏に賠償命令を出した判決の翌日となる19年12月19日、山口氏、伊藤氏の順に、日本外国特派員協会(東京都千代田区)でそれぞれ会見した。     山口氏の会見に同席した代理人・北口雅章弁護士は、伊藤氏が自著『Black Box(ブラックボックス)』(文藝春秋、17年10月刊)や裁判での供述において「明らかに嘘をついています」と主張した。伊藤氏のカルテはすべてチェックしたといい、次々に指摘する。     山口氏自身も、伊藤氏の主張に疑義を呈している。     記者席には伊藤氏本人がいて、山口氏の話を聞いていた。会見後の囲み取材で山口氏は、こうした状況についても述べている。 …
💖 #伊藤詩織, #山口敬之